ブログ

グッドドライバー賞 受賞!

いつも弊社のブログをご覧いただきありがとうございます。

この度、荷主様より弊社のドライバーがグッドドライバー賞を表彰いただく事となりました。店舗様への配送の際、「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」とお声掛けをしておりますが、お買い物をされておりましたお客様より「挨拶があったことで気持ち良く買い物ができました」とお褒めの言葉を頂き、この度の表彰となりました。大変嬉しく、名誉なことです。後日、弊社でも表彰を行わせていただきます。その様子はまたアップさせていただきますので、ぜひご覧ください。この度の表彰を糧に、これからもお客様へ商品とともに安全・安心をお届けできるよう業務に精進していきます。

写真②

平成27年度 入社式

満開の桜が咲き誇る中、昨日入社式を行い新卒の方6名を仲間として迎えることとなりました。一同、緊張の面持ちで出社をし式に臨みました。

入社式の後は記念撮影を行い、それからオリエンテーションを行いました。業務に入る前に、働くに当たっての心構えや会社のお取引様等の説明をし自分たちの役割、作業の意味などを勉強をしました。

そして、本日からそれぞれの配属先で実務の研修が始まりました。様々な業務に携わり、センターの一通りの業務を覚えていただきます。新しい環境の中で苦労もあるとは思いますが、これから一緒に頑張っていきましょう。

IMGP2053IMGP2072

Facebook 開設中

いつもブログのページにお越しいただき、ありがとうございます。当社では、ブログと並行してFacebookのページも開設中です。トラックに関することや、業務に関する事などこまめに投稿していきますので、もしよろしければ、こちらもご覧いただき、アカウントをお持ちの方はぜひ「いいね」をお願い致します。

少しでも多くの方に知って頂きたく、従業員の皆様にも、こちらの告知をさせて頂きました。写真のようなPOPを作り、各営業所のタイムカード等に掲示していただいております。ブログ・facebook共に1件でも多く投稿していけるよう努力していきますのでぜひ今後もご覧いただけますと幸いです。IMGP2050

障害者雇用納付金制度 説明会

本日、立川にて行われました、障害者雇用納付金制度の説明会に出席してまいりました。 毎年4月~5月にかけて障害者の方の雇用率の申告があるのですがそれに向けた事前説明になります。 障害者雇用納付金制度とは、雇用義務を履行している企業では 雇用環境の整備等に経済的負担が伴うことから、履行していない企業との負担の差を埋める為、 雇用率を達成していない企業から調整金を徴収し、 達成している企業には調整金を支給するといった制度になります。 これまでハローワークや特別支援学校、支援施設の方々にご支援を頂き、 雇用に向けて取り組みを行ってまいりました。 申告は来月からになりますが、さっそく申告に向けて準備を進めたいと考えています。

説明会の様子

ブログ 説明会

トラック納車式 2

先日に引き続き、トラックの納車式が弊社営業所の構内で行われました。

今回納車されたトラックは4トンのチルド車が3台になります。

他センターへ商品を配送する、横持ちという業務の際に運行するトラックになります。

今回は車内と庫内の中も見ることができました。

庫内はとても広く、新車の独特の匂いがしました。チルド車は冷凍車よりも壁・扉の厚さが薄い為、空間を広くとれるとの事です。運転席もとてもきれいで、シートカバーを外すのをためらわれるほどでした。

最後に前回と同様に、これからの無事故を祈願して、トラックの周りを一周しながら、タイヤ・ボディにお神酒をかけさせていただきました。 この日から運行が開始されますので、商品と合わせまして安心・安全もトラックとともにお届けしていきます。

IMGP2007IMGP2015IMGP2016 IMGP2021

運転者特別講習会

2月も半ばになり、日中はだんだんと春めいた暖かさになってまいりました。暖かさと同時に花粉も飛び始めますので、花粉症の方にとっては少しつらい時期に入るかもしれません。

さて、先週の金曜日に東京都トラック協会主催による、運転者特別講習会に出席してきました。交通事故の減少に向けて、会員企業のドライバーさんと共に交通安全に関する情報を共有してきました。

現在、都内で車は約440万台あると推測され、人口数1300万に換算すると3人に1人が車を所有している計算になります。車の数が多いほど事故の件数が増える可能性が高くなり、中でもトラックは車体が大きい為、重大な事故につながりやすいです。また、交通事故で最も被害が多いのは高齢者の方で、特に自転車に乗った方の割合が非常に高くなっております。

事故防止に向けては以下の事があげられました。

・スピードを出さない(特に夜間はスピードが出やすく、重大事故につながりやすいとのことです)

・無理のない運行計画

・漫然運転をしない

・安全確認の徹底(進路変更、右左折時の後続車・歩行者・巻き込みの確認)

事故は起きてからでは遅いです。運転に慣れてきますと、つい以上のことを怠りがちになりますが、そんな時こそ初心に戻り、改めて安全運転を心がけることが大切だと痛感した講習会でした。

講習会 写真

(講習会の様子)

トラック 納車式

あたたかい日差しが降り注ぐ中、先日、トラックの納車式が行われました。この度、納車されたトラックは14tのトラックで、他センターに商品を配送する際に運行するトラックになります。輝くボディ、きれいな車内で運転をすれば、ドライバーさんのモチベーションも自然と上がってきます。

その納車に際しまして、当社センターの構内にて納車式を行いました。船の進水式は有名ですが、トラックも同様、これからの交通安全・無事故を願って、お神酒をボディとタイヤに、トラックの周りを1周しながらかけていきます。参加者一同、厳かな気持ちを持ちながら、執り行わせていただきました。

また、このトラックには最新の自動ブレーキ機能が搭載されております。トラックの前面にセンサーが搭載され、前を走る車や、障害物に近づくと決められたスピードの範囲内であれば、自動的にブレーキがかかるシステムになります。最新の技術ではありますが、このシステムを作動させない安全な運転を、日々心がけ、これからも業務に励んでまいります。

 

トラック     納車式 ①

納車式 ②

冬真夜中の大イベント クリスマスケーキ仕分け配送

毎年恒例のクリスマスケーキ仕分け配送行いました。クリスマスイブは商品量ピーク配送ピークになります。配送センターは24時間びっしりとスケジュールが組まれています。人員増員し、時間をあけ、置き場スペースを作り1センター〇〇万ケースのケーキを仕分ける大イベントです。ケーキはバットに仕分けした後に、配送中動かないようにバットの中に仕切りや緩衝材をいれ一バット一バット丁寧に運びます。特に事前にご予約頂いたケーキは数に限りがあり(予品がほぼない)ため、絶対破損を起こすわけにはいかず神経を使います。特車(臨時便)も増車し大変な賑わい(大騒ぎ?)になります。今年は特にセンターの皆さんが元気な掛け声、緊張感がある中でも笑いがあり、テキパキと行動しているのが印象に残りました。皆さんありがとうございました。

毎年社員の皆さんにクリスマスケーキを贈っていますが、今年は5アイテムの中から好きなものを選んでもらいました。また、パートアルバイトの皆さんにも2アイテムの中からケーキを選らんぜもらいました。全従業員の皆様ハッピークリスマス!

 

DSC_0066

一陽来復

本日(12月22日)は冬至です。毎年の恒例行事として本社及び各営業所・センターの壁に貼る一陽来復御守を早稲田にある穴八幡宮に頂に行って参りました。

この一陽来復は、冬が終わり、春が訪れること、また、不遇の時が続いた後、幸福に向かってゆくことを意味します。また、この御守は金銀融通の御守として古来の吉例により、冬至、大晦日、節分のいずれかの日の夜中の12時にその年時に決められた方位にある壁や柱の高いところに貼ります。(今回は東側)

冬至の日は一年で最も日照が少ない日です。明日から日照(明るさ)が右肩上がりに確実に上がります。明るく元気な仲間と安全で働きやすい職場作りにより一層力を入れて行きたいと神前に誓ってきました。

リーダー研修1

2014年もあっという間に最終月となり慌しくなってまいりました。さて、先だって行われたリーダー会のご報告です。

今回のテーマはマナーとエチケットです。小売業の物流でも特にコンビニエンス配送はお客様と同じ駐車場にトラックを止めお客様と同じ入り口で店内に入ります。店員の方と同様にお客様への挨拶・気配りをしながらの納品を行います。

エチケットとは、個人の身なりや振る舞い、行動を通して人に迷惑、不快な思いをさせないこと。※エチケットの語源はフランス語で言う「立て札」で、その昔ベルサイユ宮殿を一般民衆に開放した時に民衆が石畳の通路を通らずに両脇の芝生の上を歩き芝生を踏み荒らしたことで「立ち入り禁止」の立て札をたてたことです。マナーとは、心配り(人の心がわかる心を養うこと)をして相手の不(不平・不満・不安)を相手より先に察知して解消することです。サービス業の原点は「不」の解消です。

相手をより理解しの心の壁を降ろさせるには①視覚的要素:清潔な身なり、明るい表情を意識し、相手を見る(目に入る)→観る→診る→看る(手を使って看る)へと観察し、接すること。②聴覚的要素:相手の声のトーン、大きさから何を伝えたいかを聞く(勝手に耳に入る)→聴く(自分から耳を傾ける)ことで相手の言葉の真意を読み取る。※古代ギリシャの哲学者ソクラテスは「口は一つ耳は二つあるのは話すの二倍聞くためにある」自分が話すことより相手の話を聞くことの方が大切であると言っています。よく聴くと「気付き」が生まれ「行動」や「言葉」がでる。気付いたことを行動する「感性」が高まると言うことです。感性(直感力)を高めるとセンスが高まる。同じ物流業をするならセンスを高めましょう。

DSC_0002DSC_0004